ウサギを食べるって残酷じゃないの?

 私どもは、生まれたての赤ちゃんからウサギを大事に育てています。当然愛着もわいてきますので、そのウサギたちを食肉にするということに、全く抵抗を感じないわけではありません。しかし、一般的な食品であるステーキ・ソーセージ・フライドチキンの原料である牛・豚・鶏も、それぞれかわいさがあると思いますし、特に子牛・子豚・ヒヨコの愛らしさは、誰もが認めるところでしょう。

ジャージー種の子牛
ヨークシャー種の子豚
白色レグホン種のヒヨコ


 われわれが口に入れる食べ物は、すべて何かの「命」でできているのです。これはヴィーガンやベジタリアンの方も変わりがありません。もし、どなたかが「ウサギを食べるなんて残酷だ」と感じたとき、われわれは「命」をいただかないと生きていけないという自然の摂理を、改めて意識していただけるのではないでしょうか。そしてそのことが、増加し続ける食品ロスの量や、減少し続ける食料自給率について、考えていただくきっかけになれば幸いに思います。

秋田改良種の子ウサギ