なぜお店で売っていないの?

 日本国内では、流通量が極端に少ないからです。国内のフレンチ・イタリアンレストランで提供されるウサギ料理の肉は、ほとんどがスペインなどの外国から空輸されているのが現状です。当然、輸入コストは商品の価格に上乗せされますし、肥育・食肉処理の環境や生産者の顔が見えにくいという難点があります。
 

スペイン産のウサギ肉

 那須ラパンでは、交配・肥育・精肉・出荷まで管理の行き届いた自社施設で行っています。肥育ホルモン剤やラクトパミンなどの肥育促進剤をいっさい使わず、那須野が原の豊かな自然の中ですくすくと育った、健康で安全な那須ラパンのウサギ肉をぜひご賞味いただければと思います。